人生の出口戦略

納得できる生き方を模索する思考回路

自分の身を守る為に書く

 

4月26日

・契約獲得 利益約40万に対して、定時から見た残業時間45分(休憩加味せず)

・店管理の為、自身以外の職員が残業を強いられたとしても利益は確保されている

●発言

1・「お前はわざと残業している。なんでこんなことになった。店の大悪人はお前とM氏とI氏だ、後U氏もだ。」

2・「担当を変える、あんな客は適当に言っておけばこちらの言う通りに契約する。そんなものは仕事をしているとは言わない。」

3・「こちらの言いなりになる客は、○○と××と、あいつの担当してる△△だ。そう言う担当で結果を出しても意味はない。」

4・「こんな契約で出た利益は無しだ。お前のノルマももっと増やす。残業するならそれくらい稼げ。」

5・「あいつ(別の職員)はあれだけ稼いだ。お前もやれ。」

●状況について

・契約の時間は顧客主導、都合で決まったものである。

・契約に際し、ゆっくりと説明は行ったが無駄な時間はなかった。

・通常の契約の倍の契約を行っており、そもそも時間はかかる。顧客事情も鑑み、丁寧な説明は必須である(規定により)

・5の発言に出てくる職員の実績には上司の言う言いなりになる客からの実績も多分に含まれている。

・5の職員は契約の事後処理、事務等による残業を行っても叱責はなかった。

●心情面について

・利益を上げたにもかかわらず、労いの言葉等は一切無し。第一声は

「なんだこれは、いかん。」

・事情を聴取することはなく、一方的に上記の発言をした後、係長へも叱責。

・声を荒らげ、机をたたく等の威嚇行為を行う。

・別係の係長へも「お前もそう思うよな?」等の同意を促し、半ば強制的に

「そう思います、そうですね。」等の発言をさせる。(当然その係長は今回の事情を一切知らない)

・確かに残業とはなったが、45分という時間は決して長くはなく、他店の現状等から考えても異常な数字ではない。(常態的に残業を行ってもいない、むしろ基本的には定時で帰っている)

 

次の寄稿では、その他の事例、発言内容、実際に行った行為等について記載する。